院長
杉村久理

江北ファミリークリニック 院長

産業医科大学卒業。東京女子医科大学病院救命救急センターに入局し、救急領域や外科領域の研修や修練を受ける。その後産業医科大学産業生態科学研究所人間工学研究室にて産業医学の作業管理や人間工学に関する研究に従事し、さらに大手IT企業やグローバル企業をはじめとする多数企業の専属産業医や嘱託産業医を歴任。また同時に臨床面でも呼吸器内科やアレルギー科、小児科、外科など総合的な医療現場で勤務を行い、2014年に開業。現在は地域の医療に携わりながら、いくつかの企業の産業医も行なっている。

現在の仕事についた経緯は?

前職は産業医を中心に仕事をしておりました。そこで企業に勤める方々の健康管理を行っていたのですが、赤ちゃんからおじいちゃんおばあちゃんまでの広い年齢層に対して、そして健康管理だけでなく治療も含めた幅広い医療を行いたいと思っていました。そこで、自身の夢を叶えるべく開業をしました。

仕事へのこだわり

幅広い年齢層・症例を診るにあたって心がけているのは、とにかく患者さんの目線に立つということです。患者さんは一人ひとり違うので、目の前にいる患者さんが何を求めているのか、どんなことがつらいのかなどをお話ししながら確認しています。きちんとコミュニケーションをとって個々に合わせたテーラーメイドな診療をするしていくことを意識しています。そして患者さんがクリニックを出る時に、笑顔でここにきてよかったと思っていただけることを第一に考えています。

そう思えるようになったきっかけ

これまで医師という立場と同時に自分が病気になった時に患者として、また家族が病気になった時に患者の家族として色々な医療に触れる機会がありました。患者や患者の家族として病気の苦しみも辛いですが、同時に自身や家族の状態がわからないことに対する不安も辛いことでした。その時に素晴らしい医師から適切な情報提供がなされ、また看護師さんからの優しい言葉や笑顔で不安が一掃されたことは今でも忘れません。そういった思いを、今度は自分が、病気や怪我で苦しんでいる患者さんやご家族に対して贈りたいと強く感じたのがきっかけです。
また「とりあえず行ってみよう」というようなクリニックを作りたかったのもあります。これはいわゆるコンビニエンスストアのようなイメージでしょうか。専門店ではなくとりあえず何でもある、つまりどうしようかと困った時にとりあえず相談できるような、コンビニエンスな総合診療的なファミリークリニックを作りたかったのもあります。これを実現するために、救急領域や総合診療にたずさわり、また医療業界の目線ではない、患者さんの世界や視点を知るために、産業医という立場ですが、企業でも働いてきました。
こういったことがきっかけで、現在のクリニックを開業いたしました。

今後の目標

診療する人数が増えても、“患者さん目線”をしっかり継続していきたいと思っています。幸い、働いてくれているスタッフが皆明るくやさしい方ばかりで、患者さんにとっても私にとってもプラスになっています。
今の目標は『患者さんの満足度100%』。患者さんにもっと満足していただくためにはどうしたらよいか、まだまだ課題は山積みです。その課題を一つずつ解決しながら、できるだけ多くの患者さんに満足をしていただけるように、そして笑顔を引出せるように、今後も模索していきます!