院長
松本和隆

松本クリニック 院長

2000年、藤田保健衛生大学医学部を卒業。三重大学病院で研修後、県内各地の病院で内科研鑽を行い、2007年に三重大学大学院で代謝内分泌内科学の医学博士を取得。若手医師の少ない三重県において医学生と研修医に地域医療の面白さを紹介するため、三重大学医学看護学教育センターとMMC卒後臨床研修センター事務局長を歴任し、県内全ての臨床研修病院と連携しながら三重県オリジナルの卒後初期臨床研修システムの構築に尽力した。その後、三重大学糖尿病・内分泌内科にて病棟医長、副科長として診療にあたる。2013年、(医)松徳会 花の丘病院の副院長を経て、2016年、三重県松阪市に(医)松徳会 松本クリニックを開院。地域では数少ない糖尿病専門医として多くの患者の診療を行っている。著書の『おいしい糖尿病レシピ』(伊勢新聞社出版)で第7回ふるさと自費出版大賞の優秀賞を受賞。

現在の仕事についた経緯は?

両親は共に産婦人科医であり、母は開業もしていることから幼少期に自分は将来医師になるんだろうとは漠然と考えていました。高校時代に当時流行っていたハードロックに目覚めバンド活動を始めました。高校3年生の時にミュージシャンになるか医学部へ進むか少し迷いましたが、両親に軌道修正され医学部へ進学しました。大学時代は軽音楽部でバンド三昧の生活を送り、ステージ経験を積み重ねました。代謝内分泌内科を専攻した理由は、患者が激増しており国の財政すら圧迫している生活習慣病を何とかしなければいけないと考えたからです。病気の性格上、患者様も明るく前向きな方が多く私には合っていると思っております。

仕事へのこだわり

患者様へはなるべく丁寧に、医学用語を極力使わずに説明することを心がけております。また、自院のスタッフに対しても同様に患者様へ優しく接していただくよう教育しているつもりです。生活習慣病は、経過中に全身に様々な合併症を発症してきますので、早期に発見するために色々な検査が必要になりますが、検査結果などは全てお渡ししております。生活習慣病の治療の基本は食事療法と運動療法ですが、残念ながら医師はすぐに薬に頼りがちです。当院には専門の管理栄養士と理学療法士が在籍しておりますので生活習慣を改善していただくべく、基礎から正しい知識の指導を受けることが可能です。ご高齢の患者様に配慮して当院では院内でお薬を受け取ることができます。

今後の目標

当院では毎日たくさんの患者様に来院いただいており、地域の縁の深さを感じております。私が診療を行う三重県には多数の生活習慣病の患者様がいる一方、慢性的な医師不足に悩まされている地域であり、医師の高齢化も重要な問題だと考えます。ぜひ若い医師の皆さんにも地域医療を実践していただきたいと思っております。糖尿病専門医としての希望は、少しでも生活習慣病および合併症に悩む患者様が減るように微力ながら地域に根ざして医療を頑張って行こうと思います。バンド活動は医学部を卒業してからも継続的に行っており、年に数回はステージにも立っています。音楽は心のより処にもなりますので、今後も続けて行きたいと思います。