院長
永田勝太郎

千代田国際クリニック 院長

慶応大学経済学部中退。福島県立医大卒業。千葉大学第一内科、千葉労災病院、北九州市立小倉病院(池見酉次郎教授に師事)、東邦大学大橋病院麻酔科助手、会津中央病院池見記念心身医学センター長、浜松医大心療内科課長、日本薬科大学統合医療教育センター長(教授)、WHO(世界保健機関)心身医学・精神薬理学教授、(公財)国際全人医療研究所 代表理事。著書に、人生はあなたに絶望しない(致知出版)、心身症の診断と治療(診断と治療社)、本当は怖い「低血圧」(秀和システム)、痛み治療の人間学(朝日新聞)など多数。

現在の仕事についた経緯は?

人間をよく知る学問として医学を選んだ。

仕事へのこだわり

全人的医療の実践、あきらめないケア

そう思えるようになったきっかけ

多くの患者さんや先達の教えの中から

今後の目標

全人的医療実践のための診断学、治療学、評価の確率。