理事長
谷田英輔

医療法人社団タニダ歯科医院 理事長

1984年 関西学院大学法学部法律学科卒業
1990年 朝日大学歯学部卒業(旧岐阜歯科大学)
1996年 タニダ歯科医院開設
2000年 第1次タニダ歯科医院増改築
2002年 医療法人社団タニダ歯科医院へ法人化
2007年 第2次医療法人社団タニダ歯科医院増改築
2013年 第3次医療法人社団タニダ歯科医院増改築
開業後、地域に根差した診療に注力し、現在関西では指折りの規模に成長。

現在の仕事についた経緯は?

大型診療所でひたすら臨床医として腕をみがくことに専念し、6年間の勤務医時代を経て芦屋の実家で開業することにしました。開業を決めた私は勤務先の医院を退職し、開業の準備を進めていました。そしていよいよ工事の初日を迎えた1995年1月17日。あの阪神淡路大震災が、芦屋の中央付近にあった私の実家を襲ったのです。あの阪神高速道路が倒壊した場所から北東へおよそ2km、震災の被害が最も大きかったところに私の実家はありました。付近の家屋はほとんど全壊し、数多くの方が亡くなられた中で、自宅は全壊し全てを失いましたが、妻と2人、命だけは助かりました。

さらに追い打ちをかけるように私の住んでいた付近の一帯が、家屋の倒壊率が80%を超えていたという理由から、市の区画整理事業に指定され、区画整理が完了するまで仮の建物しか建てられないということになりました。
区画整理の終了のめどもたたず、破壊された町には住民の方もまったくいないという状況の中でも、私は夢をあきらめませんでした。家が全壊し、収入も無く、市から配給物資を受けながら、小学校の体育館で生活しながらも、私と妻は毎日新しい開業場所を探し続けました。そういう生活をしばらく送っていたとき、西宮名塩ニュータウンの医療ゾーンで歯科医院の募集がありました。私はすぐにこれに応募し、多数の応募者の中から選考の結果選ばれ、平成8年10月に西宮名塩ニュータウンで開業することとなりました

仕事へのこだわり

以下が私が日ごろ心がけている治療の信念です。
・最新の医療設備の導入
・先端の医療技術の習得
・人に優しい治療
・その人にあったクオリティ・オブ・ライフを考えた治療
・押しつけの治療はしない。その人にとってのベストの治療を考える
・決してあきらめない

そう思えるようになったきっかけ

わたしは兵庫県の芦屋で生をうけ、家が代々法律事務所であったため、必然的に家業を継ぐべく大学は法学部法律学科を選択しました。法学部時代は昼は大学に通いながら、夜は司法試験用の法律学校へ通うという生活を送っていましたが、私にはもうひとつ、どうしてもあきらめられない夢がありました。それは医療の道に進むということ。家族も私がこのまま家業を継ぐことを希望していましたが、たった2歳の時に病で父を亡くした私は、病気で困っている人を助けて喜んでもらいたいという、小さい頃からの夢をがあり、その夢をどうしてもあきらめることができませんでした。悩んだ末、大学卒業時には周囲を説得して自分の夢を実現するために、歯科医師の道を選びました。

今後の目標

当院は現在更なる成長を続けています。今後皆様により身近で利用しやすい歯科医院であり続けるために、さらなる努力を惜しまぬ覚悟です。また来るべき超高齢化社会を念頭に入れて、訪問診療部門の強化も進めているところです。