あまきクリニック 院長
味木幸

広島ノートルダム清心高校在学中に1年間アメリカへ留学。現地の高校を卒業後、帰国して母校も卒業。慶應義塾大学医学部に現役で入学する。卒業後、同大学の眼科学教室医局へ入局。同大学病院で2年間研修した後、国家公務員共済組合連合会 立川病院、亀田総合病院、川崎市立川崎病院・眼科で勤務。医学博士・眼科専門医を取得。2003年には院長としてあまきクリニックを開設。2007年に法人化し、医療法人慶緑会理事長に就任。2013年、新たに眼科を開設。2016年には美容レーザークリニックを銀座2丁目のカルティエのビル5階に新設予定。痩身・美肌作り・メイクアップまでを医師としてアプローチする。様々なテレビ・ラジオ・雑誌などで取り上げられており、著書も多数。4児の母ながら、学校医も勤める。

内科医の父と専業主婦の母との間に長女として生まれました。父はゼロから自宅開業という形で内科医院を始め、私は両親の多忙な姿を見ながら育ちました。母が忙しかったため、裁縫、アイロンがけ、風呂掃除、料理、菓子づくりなど、自分のことは自分でしていました。どんどんなんでもできるようになっていくのが楽しかったです。小学校の時、当時広島では有名だった山口塾という塾に通うようになって、人生を楽しいと感じるようになりました。中学、高校時代は、バレー部や放送部に所属し、NHK広島県中学生アナウンス部門で1位を受賞しました。高校2年生の夏にアメリカへ留学をしたきっかけは、友人から「一緒に試験を受けよう」と誘われたことです。アメリカ留学を1年間満喫し、元の高校で1学年下の高校2年生の夏から再開。現役で東京の大学に行きたいと思っていましたが、厳しい父には「いい大学じゃないなら行かせない」と言われていたので、死に物狂いで勉強しました。

達成感で溢れた妊婦時代

医師になり、何科に入局するのかを決める際はとても迷いました、最終的には、手術ができること、比較的短期間で技術を身につけられる眼科を選びました。眼科のなかで何の専門になるかは特別決めていませんでしたが、興味があったのは角膜や外眼部、まぶたに関することでした。また、ローテーションで眼科以外の分野も学ぶ経験があったので、広範囲の知識、経験、人脈も獲得できました。その後、忙しい中で夫と出会い、4人の子供にも恵まれました。夫と共にクリニックを開院できたことは、亡き父には伝えることができませんでした。しかし、まだ意識があった母には伝えることができ、喜んでもらえてとても嬉しかったですね。その新橋にクリニックを開業した時期は、医学博士を取得し、執筆本が2冊出版されたりと、妊婦ながらもすべての責任を果たした達成感で溢れていました。また、現在は有楽町に分院があり、銀座には美容と痩身のクリニックを開いてオリジナル化粧品や宝飾デザインなどの様々な分野の発展も進んでいます。

考えるよりまずは口に出してみる

私は医師です。今後は目の治療をするだけでなく、人の健康や美の向上に貢献したいと考えています。誰でも、人生には必ず終わりが来ます。私自身、気づいたら人生を折り返していました。その時、自分がしたいことのどんどん挑戦したいと思いました。今まで自分が得た学びや感動、周りの人たちの言葉や表情などを元に、人々の様々な病気や悩みを解決するための手助けができたらと思います。回復とは、その人が心身共に健康と美で輝けるようになることだと、私は考えています。日本はこれから、世界の中の日本という自覚を持ち、世界に通用するような健康と美を兼ね備えなければいけないと思います。そのために私にできることは、正確で新しい情報をエビデンスに基づいて伝えていくことだと思っています。目は情報の役8割を得る役割を持っており、これからは、体内時計の要を握るのは目になるだろうとも言われています。日本が、目と健康と美をメンテナンスすることを当然だと考えていける国にすることが私の今の目標です。そして最後に、私は広島人なので、広島の応援を続けていきます。
目標・希望があったら、照れずに「やりたい!」と公言しましょう。何かと理由をつけて先延ばしにしていると、一生実現しません。若くてハードルが高く感じても、逃げているとその時しかないチャンスも逃してしまいます。私は、周りに「無茶だ」と笑われても、今はできない理由があったとしても、とりあえず公言して意欲をアピールすることで数多くの出会いとアドバイスを得ることができました。できないと思っていても、案外やって見たらどうにかなることが多いです。自信と勇気を持ってください!