岡山大学臓器移植医療センター 教授
大藤剛宏

岡山大学医学部卒業後、日本各地の病院で経験を積む。その後、オーストラリアで5年間肺移植医としての技術を磨く。帰国後は日本の移植医療の進歩を目指し、世界初・日本初の手術に次々と挑戦。信念は、「大人から子供まで肺移植で治る人は一人残らず治す」。「情熱大陸」を始め、様々な番組に出演している。医師を志すきっかけになったのは、子供の頃好きだった釣りです。釣った直後の魚のお腹をさばいた時に心臓が動いていたのを見て感動し、「人の体はどうなっているんだろう」という好奇心が生まれました。医学部を卒業してからは各地の小さな病院を転々としながら経験を積み、大学病院に戻りました。当時、大学病院では国内初となる肺移植成功を目指して準備が行われているところでした。その際、心臓外科医だった私は肺移植患者のカテーテル検査を任され、国内初となる肺移植にドナー主治医という立場で参加しました。しかし日本は臓器不足という大きな問題を抱えており、肺移植件数は年間3件ほどで伸び悩んでいました。この状況の日本にいて大勢を助ける移植医になれるのかと悩んだ結果、移植先進国であるオーストラリアのメルボルンへの留学を決心し、2002年から5年間現地で学びました。

どんな臓器でも患者にとっては宝。一つも無駄にしてはいけない

臓器不足の日本だからこそ、尊い遺志で提供していただいた臓器は一つも無駄にしてはいけないという思いを持ち、新たな手術法に次々と挑戦しています。ひどく傷んでしまった肺でも移植を待ち続けている患者から見れば宝の肺です。その強い思いを叶える為、私は厚労省に分割肺移植の概念を認めさせました。つまり、肺の悪い部分を切り取った残りを移植する方法です。その後も、日本だけでなく、アジアや世界でも初めてとなる様々なケースで移植を成功させました。私がこの様に新しいアイデアを出して挑戦し続ける理由は、この臓器不足という状況です。医者になればどんな病気でも治せると思っていましたが、実際は亡くなって行く患者を眼の前にしても何もできません。アメリカの様に臓器が沢山ある状況であれば、今の様に新しいことに挑戦し続けることはなかったと思います。臓器がないからと諦めるのではなく、ないなら私が何とかしよう、与えられた臓器は一切無駄にせず限りなく使おうという思いが、私を突き動かしています。

私の気持ち次第で患者の運命が変わる

余命数週間の2歳の男の子の紹介患者がいました。意識がないまま人工呼吸機がつけられ、肺は真っ白という状態でした。お母さんの肺は子供には大きすぎて生体肺移植はできず、脳死した子供からの臓器移植を待つ時間もありませんでした。他の手を考え抜いた結果、母親の左下葉を二つに切ったものを子供の両肺として植えるというアイデアが浮かびました。もちろん、未知の手術に答えはありませんでしたし、とても難しい手術であることは分かっていました。しかし、私の気持ち次第でこの子の運命が変わる、やるしかないという思いで、前人未到の手術を決断しました。現在私が究極の目標としているのは、心臓死肺移植です。脳死ではなく、心臓死に至ってからの肺でも移植手術に用いることができるような技術などを磨いています。肺は傷みやすい臓器ではありますが、死の直前まで酸素に触れることができる臓器でもあります。肺移植で助かる患者すべてに移植できる日が来ることを心から祈っています。